施工事例&お客様の声

ガスからエコキュート・IHクッキングヒータへの交換でオール電化へ✨合わせてレンジフードも交換です!

公開日:2020/11/13

滋賀県草津市 / S様 

費用 70万円  工期 2日間
商品名
エコキュート/ダイキン/EQ37VFV/フルオート/パワフル高圧/角型 IHクッキングヒーター/日立/HT-K60S/60cm レンジフード/リンナイ/OGR-REC-902RSV/90cm

BEFORE

AFTER

滋賀県草津市S様邸にて、ガス機器からエコキュート・IHクッキングヒーターへのオール電化へ、同時にレンジフードも交換させて頂きました。

訪問販売業者より、電化を勧められたことがきっかけでオール電化に興味をもたれたそうですが、その金額があまりに高額な為、当社での見積もりをご依頼頂きました。

現地調査をさせて頂き、エコキュートの設置スペース、配線経路等細かく見させて頂き、お見積りを出させて頂きました。S様にも「ここまでしっかりと見て見積もりを出してもらうと安心します。」をおっしゃって頂きました(^^)

訪問販売では、金額が高額であったり、施工の仕方も簡易だったりする場合がございます。当社では、自社の社員が工事をさせて頂き、アフターフォローもしっかりとさせて頂きますのでご安心下さい🍀

IHクッキングヒーター、レンジフードは当社ショールームK-styleにて実際に現物を見て頂き、ガスコンロとIHとの使い方の違い等詳しく説明させて頂きました。

シンプルで使いやすい物を!とのご希望で以下の2点に決められました。

・IHキッキングヒーター  日立製 HT-K60S

・レンジフード  リンナイ製 OGR-REC-AP902RSV 

 

エコキュート設置の様子  ダイキン製 370L  (EQ37VFV) 

エコキュートの設置スペースが限られており、S様ともご相談させて頂き、カーポートの下のガレージスペースに設置させて頂く事になりました。

①ベースの作成

新しくエコキュートを設置するにあたり、ベースを作成する必要があります。給水や給湯、排水の配管をベース内におさまるように配管の仕込みを行います。

コンクリートベースの型枠を組んだら、コンクリートを流し込み、固まるまで数日程度待ってから本体工事の設置工事を行います。

②電気工事

既設の分電盤にはエコキュートとIHクッキングヒーター用のブレーカーの空きがなかったので、新しくコンパクト分電盤を増設しました。

③本体工事

ベース作成から4日後、コンクリートがしっかり固まり頑丈なベースができました。ガレージスぺ―スができるだけ狭くならないように、規定内でできるだけ小さめにベースを作り、壁とL型金具を取り付けて補強しました。

電気配線、給水・給湯配管、排水接続をしていきます。

配管カバーを使用して、見た目も綺麗にします。

本体と接続します。凍結予防のため、保温材もしっかり巻き付けます。

ヒートポンプとも接続し、配線脚部カバーを取り付け、試運転をして問題がなければ工事は完了です!

 

室内リモコンも新しくなりました。

<台所リモコン>

<浴室リモコン>

 

IHクッキングヒーター 日立製 (HT-K60S)

床下からキッチンまで配線し、IH専用コンセントを設置します。

日立 IHクッキングヒーター(HT-K60S)はお求めやすい金額で、初めてIHをお使いになる方にはとてもシンプルで使いやすいタイプです。グリルは水なしで裏返す手間なくこんがりおいしく両面を焼き上げます。

(before)

(after)

レンジフード リンナイ製 (OGR-REC-AP902RSV)

S様が一番お気に召されたレンジフード。リンナイ製最上級グレードのOGRシリーズです。

OGRシリーズは、オイルマッシャー搭載で、“10年間ファンのお掃除不要!” フィルター交換が不要なだけでなく、内部のシロッコファンのお掃除も不要です。

お掃除にかかる時間と使う水の量を大幅に削減します!

(before)

 

(after)

 

ガスのご使用からオール電化への変更でS様も操作方法に少し心配されていましたが、「がんばって触って慣れます!」とおっしゃっていました。初めての事は誰でも不安になります…。お困りの場合はご連絡頂ければ、すぐにご説明させて頂きますし、必要であればすぐにかけつけますのでご安心下さい(^^)/ 

オール電化への交換をご検討のお客様は地域密着の安心なクサネンにお任せください。

 

(松田)

 

お客様の声

VOICE

カテゴリー

リフォームの施工事例はLIXILリフォームショップ専用サイトをご覧ください

©KUSANEN CO.,LTD. All rights reserved.
お問合せご相談
ページトップへ