施工事例&お客様の声

電気温水器からエコキュートへの交換と新しく感震ブレーカーをお取り付け

公開日:2020/03/19 
更新日:2020/07/21

滋賀県草津市 / N様 

費用 47万円  工期 3.5
商品名
ダイキン/エコキュート/460L/角型/通常圧/オート/EQN46UFV/感震ブレーカー/BQX 702

BEFORE

AFTER

滋賀県草津市にお住いのN様邸での電気温水器からエコキュートへの交換工事の施工事例をご紹介いたします。また今回N様のご依頼により、感震ブレーカーの取付も行いました。

感震ブレーカー

地震が発生した際に一時的に停電になることがあります。避難時にブレーカーを切り忘れ、電気が復旧したときに倒れた電気器具などから起こるいわゆる通電火災の予防に役立ちます。

N様の奥様はNHKの番組で、東日本大震における火災の過半数が電気が原因ということをご覧になり感震ブレーカーをつけようと思われたそうです。

この感震ブレーカーを取り付けておくと震度5強以上の揺れを感知してから3分後に主幹ブレーカーが遮断します。遮断時間は3分後か即時に切り替えられますが、夜間の避難経路の照明電源を確保するため3分間後の設定が推奨されています。

実は当社での感震ブレーカーの取付は初めてで、今回取り付けさせていただきとても勉強になりました。

 

エコキュート

さてエコキュートですが、機種はお客様の選ばれていたダイキン、フルオートタイプの460Lを設置しました。

お湯はり、追いだき、保温、たし湯がスイッチひとつ自動で行われるのはもちろん、設定温度はそのままで、その日の気分で4つの湯温モードからいつもより熱め、ぬるめの湯温が選べる「温浴タイム」、毎日の「かんたん洗浄」、半年に一度の「しっかり洗浄」で配管のお手入れがしやすい機能など、高性能な機能がたくさん。

 

電気温水器とエコキュートはどちらも電気をつかった給湯器ですが、電気温水器は電気のみでお湯を温めるのに対し、エコキュートは空気の熱を利用して効率的にお湯を温めるので省エネにつながります。

電気温水器からエコキュートに変更するとご家庭によって異なりますが、年間6万円以上節約できる場合もあるようです。

 

before & after

高級感のある新しいリモコンになりました。リモコンを通して台所と浴室で会話ができ、ちょっとした家族のコミュニケーションにとても便利です。

<before>

<after>

 

設置スペースが家の真裏で搬入経路が狭かったため、境界フェンスを取り外し、お隣様のガレージを通らさせていただきました。おかげでスムーズに搬入することができました。

既設の電気温水器と同じ460Lですが、本体がスリムになり、通りやすくなったとお喜びでした。

<before>

<after>

<before>

<after>

電気温水器からエコキュートへ変更すると、電気の容量が下がりますので、ブレーカーを交換させていただきます。

 

 脚部カバーの中は、保温筒を接続部までしっかり取付けて保温効果を高めています。

<before>

<after>

 

 

給湯器(ガス・電化)はもちろんのこと、キッチン・浴室・トイレ・洗面など住宅設備の修繕はクサネンにお気軽にご相談ください。

クサネンでは、光熱費シミュレーションもさせていただきますので、電気温水器からエコキュートへの交換をご検討中のお客様は気軽にお問合せください。

(橋本)

 

お客様の声

VOICE

丁寧な説明を有難うございました。

すぐにお湯が使えました。

 

カテゴリー

リフォームの施工事例はLIXILリフォームショップ専用サイトをご覧ください

©KUSANEN CO.,LTD. All rights reserved.
お問合せご相談
ページトップへ