施工事例&お客様の声

給湯専用の灯油ボイラーからバブルおそうじ機能付きフルオートタイプの三菱エコキュートに!

2020年3月26日

滋賀県大津市 / K様 

費用 49.3万(ベース工事費含む)円  工期 2日間(ベース工事、6日後にエコキュート設置)
商品名
三菱エコキュート/Sシリーズ/フルオート/460L/角型/ハイパワー給湯/SRT-S464U

BEFORE

AFTER

滋賀県大津市のK様邸で、20年ご使用の灯油ボイラーからエコキュートへの取替えを検討しているとのご相談がありました。ボイラーはなんとか使えていましたがエラーが出るようになっていました。

 

機種の選定 三菱Sシリーズ

現在K様はご夫婦お二人暮らしですが、娘さまご家族が週末に遊びに来られることが多く、460Lタイプをご希望されました。

娘さまがまだ幼い頃アトピー性皮膚炎だったので、追い焚きよりも毎回新しいお湯を出湯できる給湯専用にしておられました。

今回、エコキュートへの取替にあたり給湯専用のエコキュートも検討しておられましたが、追い焚き配管をいつも綺麗に保つことができるバブルおそうじ機能のある三菱のエコキュート(追い焚きができるフルオートタイプ)をおすすめしました。

三菱エコキュートのバブルおそうじは、排水時に自動洗浄をしますがその際約0.1ミリのマイクロバブルが配管・熱交換器に付いた皮脂汚れを洗浄し、排水口へ流してくれます。

 

こちらのバブルおそうじ機能付きの機種は、三菱エコキュートPシリーズ・Sシリーズです。

標準タイプのAシリーズには付属しませんのでご注意ください。

 

エコキュート設置1日目(ベース作成)

エコキュートの新規設置にあたっては、タンクを設置するためのコンクリートベースの作成、200Vの電気の専用回路増設などが必要となります。

まず、給水配管と給湯配管の振り回し・電気工事・追い炊き配管の仕込みなどを行います。

 

次に、型枠を作りコンクリートベースを作ります。

型枠を作成しコンクリートを流し、表面をきれいにならします。

コンクリートベースが固まるまで3日~4日おいてから、エコキュート本体を設置します。

 

エコキュート設置2日目(本体設置)

400〜500kgのタンクを支える厚さ15cmの丈夫なコンクリートベースが完成しました。

型紙で位置を決め、エコキュート本体の脚をコンクリートベースに固定するためのアンカーボルトを打ちつける穴を開けます。

新しい貯湯タンク、ヒートポンプを設置して、各種配管と配線の接続工事を行います。

保温効果を高めるため配管やパイプに保温筒を接続部までしっかりと巻きます。

水はりを行い、試運転を実施します。水漏れ等異常ないことを確認し、脚部カバーを取り付けて完成です。

 

 

屋内では、台所と浴室のリモコンも交換します。

<before>

     

  

<after>

 

 

灯油ボイラーやガス給湯器からオール電化への切り替えもクサネンにご相談ください。

(橋本)

お客様の声

VOICE

【営業担当について】

【工事担当について】 

カテゴリー

リフォームの施工事例はLIXILリフォームショップ専用サイトをご覧ください

©KUSANEN CO.,LTD. All rights reserved.
お問合せご相談
ページトップへ