施工事例&お客様の声

ダイキンのスリム型からダイキンの薄型のエコキュートへの交換

公開日:2020/07/29

滋賀県甲賀市 / H様 

費用 45.7万円  工期 3日(1日目:仮設給湯器設置/2日目:ベース作成/3日目:本設置)
商品名
ダイキン/エコキュート/フルオート/370L/薄型/高圧/EQ37UFTV

BEFORE

AFTER

滋賀県甲賀市にお住いのH様より、インターネットで「滋賀県 エコキュート」で検索されて、当社にお電話をくださいました。甲賀市は当社ではふだんお断りさせていただいているエリア(拠点である本社から30分を超える遠方の場合、アフターサービスを十分に行えないため)なのですが、故障しているしなんとかしてほしいとのお客様のご要望もあり、現場調査にお伺いさせていただきました。

現場調査のようす

メーカーさんにも点検してもらったそうですが、貯湯タンク内部で水漏れしてしまい基盤が故障してしまったそうで、修理不可と言われたそうで、大変お困りでした。

使っておられたエコキュートはダイキンのスリム型370LでTU37DFCVでした。

エコキュートにする前は灯油ボイラーを使っておられたそうで、その配管をエコキュートの接続口にあわせて延長して接続している状態でした。

ただ、エコキュートの貯湯タンクのコンクリートベースが高さをあわせるために、いくつかのブロックを並べて設定している状態で、この状態では安全に貯湯タンクを設置することが難しいため、コンクリートベースの打ちかえをご提案させていただきました。

最近は自然災害も多く、大きな地震が来た際に、簡易なブロックの上に置いているだけでは、貯湯タンクごと転倒してしまう恐れがありますので、当社では交換をご依頼くださったお客様の設置状況を確認し、コンクリートベースの打ちかえが必要な場合はご説明し、工事させていただいております。ベースの打ちかえの費用は概算ですが25,000円~30,000円程度です。

本体が故障しておりお湯が作れない状態でしたし、コンクリートベースの打ちかえでベースがしっかり固まるまで新しい貯湯タンクを設置することができないため、ガスの小型ボンベを設置してガス給湯器を仮設設置させていただきました。奥様もご提案内容にとても喜んでくださっていました。

 

設置工事 一日目 コンクリートベース打ち直し

新たにベースを作成するために、貯湯タンクを撤去し並べてあったコンクリートブロックも一旦すべて撤去させていただきました。

排水管が下水管につなげてありましたので、雨水配管に今回新たに接続しなおしています。ベースを打つ前に配管を仕込んでおきます。

下の写真は給湯・給水配管およびお風呂の循環配管です。

もともとの基礎の高さにあわせて、コンクリートを増し打ちしていきます。差筋を入れその上からワイヤーメッシュを敷き型枠を作成します。

コンクリートを流し込んで、隙間ができないように電動バイブレーターを使っています。

上を平らにならして綺麗なベースが完成しました。雨続きでしたので、次の工事までの間、ブルーシートをかけて雨養生をさせていただきました。

 

設置工事 二日目 本設置工事

先日作成したコンクリートベースがしっかり固まりました。幅も高さもバッチリでした。

薄型のエコキュートの貯湯タンクを設置し、各配管と電気配線を接続していきます。

それぞれの配管はしっかり保温筒を取り付けています。

電気のブレーカーも今のエコキュートは20A/200Vなので、ブレーカーも交換しています。

【ブレーカー交換前】

【ブレーカー交換後】

最後に脚部カバーを取り付けて試運転を行い設置工事完成です。

薄型にして勝手口から出る時も通りやすくなったと奥様もお喜びでした。

H様この度はクサネンにエコキュートの交換をご依頼いただきありがとうございました。

電気温水器からエコキュートへの交換、エコキュートからエコキュートへの交換をご検討中のお客様は、かんでんeショップ クサネンにお気軽にお問い合わせください。現地調査やお見積りは無料です。

(橋本)

お客様の声

VOICE

ガスで仮設給湯器も設置してくださり本当に助かりました。快適になりました、ありがとうございます。

カテゴリー

リフォームの施工事例はLIXILリフォームショップ専用サイトをご覧ください

©KUSANEN CO.,LTD. All rights reserved.
お問合せご相談
ページトップへ